読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

≪レート2000達成構築≫リザX軸〜好きなポケモンで高みを目指せ〜

こんにちは。

改めてシーズン2お疲れ様でした。

今シーズンが始まって約一週間ほどでポケバンクが解禁され、サンムーンから始めた人は過去作から引き続きやってきた人たちとの差を感じたシーズンだったのではないかと思います。

その環境でレート2000という戦績を残せた構築を紹介します。

f:id:MGrizaX:20170320233418j:image

 f:id:MGrizaX:20170318190613g:image

リザードン 陽気 @リザードナイトX  f:id:MGrizaX:20170322160802g:image
努力値172-84-0-×-0-252
実数値175-161-131-×-105-167
フレアドライブ ドラゴンクロー
りゅうのまい     はねやすめ

相棒兼エースのメガ進化枠。
ORASの頃からずっと使ってきた相棒。
炎+ドラゴンの技範囲の広さとかっこよさを持ち合わせた神ポケモン
今シーズンはステロ展開やメガボーマンダ、バンドリが多く活躍できる場は限られていましたが選出すればしっかり活躍してくれるポケモンでした。

初手リザvsガブ対面は怒りのドラクロ押します。

H・・・16n-1調整

A・・・H振りギルガルド確定1発

S・・・最速

 

f:id:MGrizaX:20170318190647g:image

カバルドン 腕白 @ゴツゴツメット f:id:MGrizaX:20170322160802g:image

努力値188-4-252-×-20-52

実数値207-133-187-×-95-73

じしん こおりのキバ

あくび  なまける

リザードンの相棒でお馴染みの物理受けカバルドン

今作最大の要素であるZ技により受けが成立しにくい+フィールドによるあくびの弱体化もありましたが、まだまだ強いポケモン

あくびの枠をどくどくに変えるとカバリザミラーに強くなれます。

ドラゴンZガブリアスは犯罪。

努力値調整

H・・・16n-1調整

B・・・ぶっぱ

D・・・ 無補正Cぶっぱ霊獣ボルトロスのめざ氷を60%で2耐え

S・・・冷静SVギルガルド抜き

 

 f:id:MGrizaX:20170319165935g:image

ハッサム 意地っ張り @オッカのみ f:id:MGrizaX:20170322160820g:image
努力値236-92-4-×-172-4
実数値175-178-121-×-122-86
アイアンヘッド  とんぼがえり
バレットパンチ  はねやすめ

この構築のクソ地雷枠。

環境を支配するカプ・テテフに怒りの頭突きをします。

アイへハッサムはまず警戒されないので誘うテテフを次々と処理することができました。

フィールド込みC200サイキネを2耐えはもちろん、サイキネ+めざ炎も耐えられるのでドヤ顔テテフをドヤ顔で倒せます。気持ちいい。

最初はバレパンをどくどくにしてポリ2に強い型にしていましたが終盤はバレパンで使ってました。

努力値調整

H・・・16n-1調整

A・・・アイへでH振りテテフ高乱数1

D・・・ダウンロード対策のB>D調整

 

f:id:MGrizaX:20170318190716g:image

サンダー 控えめ @こだわりスカーフ f:id:MGrizaX:20170322160838g:image

努力値0-×-0-252-4-252

実数値165-×-105-194-111-152

10まんボルト めざめるパワー

ねっぷう         ボルトチェンジ

普通のスカーフサンダー。

CSにぶっぱ余りD。

絶対霊獣ボルトロスのほうが強いです。

でもサンダーのほうが好きなのでサンダーを使います。

一応ねっぷうで差別化はできます。(きあいだま

環境に多いコケコ、霊獣ボルトロス+昔に比べてスカーフサンダーが警戒されるようになったので動かし辛くはなりましたが、まだまだ強いです。

 

f:id:MGrizaX:20170318190729g:image

フシギバナ 控えめ @フシギバナイト f:id:MGrizaX:20170322160843g:image
努力値204-×-0-148-28-124
実数値181-×-143-177-144-116
ギガドレイン ヘドロばくだん
じしん            こうごうせい

じしん持ちメガフシギバナ

パーティー単位で重たいヒードランを倒すために地震を採用し、少ししかSに振ってないヒードランを抜けるくらいまでSに振りました。

リザXが通せないパーティーに出します。

このポケモンは処理方法が限られているため相手の選出が読みやすくなることが強みだと思っています。(メガリザードンYメガボーマンダはほぼ確実に出てきます。)

調整は忘れました!!!!!!!!!

 

f:id:MGrizaX:20170318190746g:image

カプ・レヒレ 臆病 @カプZ f:id:MGrizaX:20170322160849g:image

努力値236-×-20-0-0-252

実数値175-×-139-115-150-150

なみのり     ムーンフォース

ちょうはつ しぜんのいかり

地雷?枠の最速カプ・レヒレ

初手ステロマンムーを許さない最速ちょうはつ。

基本遅いレヒレを想定して動かれるので、このレヒレより遅い積みポケモンは全てカプZからの追撃で倒せるという大活躍ぶりでした。

準速ミミッキュに上からちょうはつが打てるのも大きかったです。

努力値調整

H・・・16n-1調整

B・・・A1上昇の陽気ギャラドス地震+メガギャラドス地震中乱数耐え

S・・・最速

 

〜基本選出〜

1.リザカバサンダーf:id:MGrizaX:20170322160208g:imagef:id:MGrizaX:20170322160213g:imagef:id:MGrizaX:20170322160215g:image

     ガルガブミミッキュみたいな役割集中にはこれでいきます。サンダーかリザから入るかは気分。

初手ガブは剣舞orステロしかしてこないのでドラクロorめざ氷押します。

2.リザハッサムサンダーf:id:MGrizaX:20170322160208g:imagef:id:MGrizaX:20170322160259g:imagef:id:MGrizaX:20170322160215g:image

      かっこいい並びの選出。かっこいい

テテフ+リザYorウルガ+マンダにはこれでいきます。リザXで無事死亡。

3.サンダーレヒレカバf:id:MGrizaX:20170322160215g:imagef:id:MGrizaX:20170322160309g:imagef:id:MGrizaX:20170322160213g:image

      バンドリマンダにはこれでいきます。カバルドンを相手のバンギより先に展開する高等テクニック。

4、バナレヒレサンダーf:id:MGrizaX:20170322160315g:imagef:id:MGrizaX:20170322160309g:imagef:id:MGrizaX:20170322160215g:image

      カバリザの通りが悪い時はこれ。マンダマンムーレヒレなどに出す。マンダマンムーウルガの場合はレヒレリザサンダーでいきます。

      

 

〜最後に〜

サンムーンで初のレート2000を達成することができました。シーズン1ではZ技による環境の変化について行けず、苦しい時期が長かったですがようやく乗り越えることができました。

来シーズンも好きなポケモン達で2100.2200の高みを目指して頑張っていきたいと思います!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

ポケモンSM〜受けループの対策と倒し方〜

こんにちは。

今回は受けループの対策と倒し方を紹介します。

あくまで自分が実際に受けループと当たったときこのようにして倒す。というような個人的な考えを記事にしているので倒し方の一つとして参考にしていただければと思います。

 

今回の記事内容

受けループとは?

対策と倒し方

1.メガゲンガー

2.とんボルチェン

3.受けループの苦手なポケモン

・ まとめ

 

・受けループとは?

    f:id:MGrizaX:20170218163508g:image     f:id:MGrizaX:20170218163619g:image

    f:id:MGrizaX:20170218163616g:image        f:id:MGrizaX:20170218163608g:image

f:id:MGrizaX:20170218163637g:image f:id:MGrizaX:20170218163631g:image 

上のような耐久力のあるポケモン達で「相手の攻撃を受けきり、どくどくやゴツゴツメットなどの蓄積ダメージを与えて相手を倒す」といったコンセプトのパーティーをまとめて受けループと呼びます。

今作からZ技による凄まじい火力インフレが起こったため受けループにとっては向かい風だと言われていますが、対策をしていないor倒し方を知らないなら余裕で詰みます。では対策と倒し方を紹介します。

 

1、メガゲンガー

f:id:MGrizaX:20170218164717g:image

これはずっと言われ続けてきたことです。

受けループ対策にはメガゲンガー

特にほろびのうた持ちメガゲンガー

特性かげふみにより相手の交換を許さずほろびのうたで強制的に1匹を倒す。という方法です。

これが成功すればほぼ勝てます。しかし、受けループ側もこれは分かっているのでゲンガーを見れば必ずと言っていいほどおいうち持ちバンギラスが出てきます。このように、かなり有効な手段ではあるのですが、対策もしっかりされている手段です。

逆に言えばメガゲンガー対策のバンギラスを誘い、こちらはゲンガーを選出せずに相手のバンギラスを腐らせる。といった戦法も取れます。

 

2.とんボルチェン

f:id:MGrizaX:20170218165804g:image  f:id:MGrizaX:20170218165810g:image

 これは自分が受けループを倒すときにとる戦法です。

個人的に受けループ使いに必須なスキルは安定行動をすること。我慢強いこと。だと思っています。

受けループは基本ラッキー、グライオン、ヤドランの選出をしてきます。このどれか1匹が相手のポケモンより先に倒されると負けに直結するほど厳しい状況になります。そのため物理アタッカーには物理受け(メガヤドランなど)を、特殊アタッカーには特殊受け(ラッキーなど)を対面させてきます。

つまり、相手の行動が非常に読みやすいのです。

例をあげてみます。

ヤドランvsサンダーはラッキーに交換してくる。(グライオンはめざ氷が怖いのでなかなか引いてこない)

ラッキーvsハッサムグライオンに交換してくるのでとんボルチェンが非常に刺さります。

このように、「とんボルチェンで有利対面を作りながら少しづつダメージを与えて相手のサイクルを崩していき、最後には高火力でゲームエンド」というゲームメイクができれば勝てます。

 

 

3.受けループの苦手なポケモン

f:id:MGrizaX:20170218175236g:imagef:id:MGrizaX:20170218174644g:image

ズバリ技や持ち物を見るまで物理か特殊か分からないかつ高火力なポケモンです。

リザードンはYかXか分からない。

ギルガルドは物理か特殊か分からない。

メガルカリオなども同じです。

相手は型を読み間違えれば選出の時点で不利になってしまうのでこのような両刀ポケモンがいるだけで相手に選出画面でプレッシャーを与えることができます

 

〜まとめ〜

選出画面でゲンガーを見せればバンギラスが出てくることがほぼ確定する。

受けループ使いは行動が非常に読みやすい。(実力のある方は安定行動をします。終盤は相手も読み行動をしてきます。)

とんボルチェンや交換読み交換などで有利対面を作り続けられるゲームメイクをすれば勝てる。

物理か特殊か分からない高火力ポケモンは相手にプレッシャーを与えることができる。

 

如何でしょうか。

この記事を読んだ皆さんが少しでも受けループに強い立ち回りができるようになれば幸いです。

受けループの倒し方はこの方法よりもっと良い方法もあります。あくまで倒し方の一つとして参考にしていただければと思います。

またこの方法では突破できないとても強い受けループ使いもいます。ポケモンは奥が深い、そこが面白いのです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。では。 

 

 

 

 

 

 

ポケモンSM 初心者必見!! 〜勝てるパーティーの作り方〜

こんにちは。

今回は「ポケモン始めたばかりでどういった構築を使えば良いか分からない」という方や「使いたいポケモンやコンセプトは決まっているが構築の組み方がわからない」といった方に勝てる構築の作り方を教えたいと思います。

 

結論から言います。

1.好きなポケモンを入れる

2.地面タイプ(電気無効枠)を入れる

3.鋼タイプを入れる(複数でも可)

4.地面無効枠を入れる(複数でも可)

5.メガシンカ、Z技を入れる

この5つに沿って組めば基本的に良いパーティーが出来るはずです。では具体的に説明していきます。

 

1.好きなポケモンを入れる

f:id:MGrizaX:20170213203202g:image 

「好きなポケモンで勝ちたい!」これは誰もが思うことです。その通りです。好きなポケモンで勝った時の嬉しさは言い表せないですよね。好きなポケモンは是非パーティーに入れましょう。

2.地面枠(電気無効枠)を入れる

 

f:id:MGrizaX:20170213203217g:image  f:id:MGrizaX:20170213203222g:image

目的は相手に電気タイプの技を安定して打たせないようにするためです。

電気タイプの技は非常に優秀であり、特にボルトチェンジという技は強力です。不利対面でも先手ボルトチェンジで逃げていくという戦法はよく見られます。

実際のバトルを想像してみてください。

バトルが始まりました。

こちら電気タイプvs相手水タイプ。初手は出し勝ちしました。しかし、相手のパーティーを見ると地面タイプがいます。電気技を打つか少し迷いますね?

では次の試合です。

こちら電気タイプvs相手水タイプ。出し勝ちしました。相手のパーティーには電気無効枠がいません。電気タイプの技打ちますよね?

電気半減が出てきてもボルトチェンジで逃げればいいでしょう。

このように電気無効枠かいなければボルトチェンジであっさり有利なサイクルが作れます。

つまり相手の選択を迷わせる+甘えたボルトチェンジによるサイクルを回させない。

この2つの役割はバトルにおいて非常に重要なので電気無効枠は必ず入れるべきだと考えます。

3.鋼枠を入れる

  f:id:MGrizaX:20170213203550g:image f:id:MGrizaX:20170213203553g:image

鋼タイプの受けとしての性能を見てみましょう。

弱点2半減10無効1とかなり優秀なタイプとなっています。

また現環境最強級ポケモンのカプ・テテフに拘りサイコキネシスを躊躇させるという先ほどの電気無効枠と同じような使い方ができます。

そして鋼タイプは処理方法が限られているので必ず突破できるポケモン(格闘や炎タイプなど)が出てくるので相手の選出誘導(出てくるポケモンが読みやすくなる)ができます。

つまり先ほどの電気無効枠と同じように選出画面で見せておくだけで相手にプレッシャーを与えることができるのです。

 

4.地面無効枠を入れる

f:id:MGrizaX:20170213203729g:image  f:id:MGrizaX:20170213203835g:image

ポケモンにおいて強いポケモンそれはガブリアスです。

ポケモンにおいて強いわざそれは地震です。

デメリット無し(シングルの場合)で威力100命中100は正直おかしいです。

しかも物理アタッカーの殆どが覚えるという始末。

しかし、この技も浮いているポケモンには効果がありません。これまでの流れと同じように選出画面で相手に「地震はうちのパーティーには通ってないぞ」とプレッシャーを与えるために浮いているポケモンを入れましょう。

2匹いるとさらに地震は打ちにくいですね。

 

5.メガシンカ、Z技を入れる

f:id:MGrizaX:20170213204025g:imagef:id:MGrizaX:20170213204029g:image

 

メガシンカ、Z技は言うまでもなく現環境において最強のシステムです。

特にメガシンカは強すぎます。メガシンカポケモンを出さないだけで種族値100のハンデを背負って戦うことになります。絶対に入れましょう。できれば2匹欲しいです。

そしてサンムーン最大の要素であるZ技。

攻撃技に使えば威力が大幅にあがり補助技に使えば能力の上昇等ができる。という非常に強力な技です。

何よりZ技の強いところは「メガシンカと違い誰が打ってくるか分からない」というところです。メガシンカできるポケモンは限られていますがZ技は全てのポケモンが使用できます。

いつどこでZ技が飛んでくるか分からないというのは非常にプレッシャーがかかります。そういう面で見てもZ技は非常に強力なので1枚は入れたいですね。

 

如何でしょうか。

この5つを基本にしてポケモンを決め、残りの枠は自分でポケモン同士の相性を考えて6匹のパーティーを組めばレーティングバトルでも充分に勝てる構築が作れると思います。

ただこれ以上にもっと良い構築の作り方もあります。あくまで基礎、当たり前の構築の組み方なのでこれを基本として工夫し、自分のものにしていってください。

共に高レートを目指しましょう!!!

最後まで読んでいただきありがとうございました。では。

リザハッサムサンダー軸 〜色じゃないリザードンは甘え〜

こんにちは。

今回はレートで使用していたパーティーを紹介したいと思います。

大分早いですが大学の課題に追われていたり卒業旅行があったりするのでここでシーズン2が終わりそうな予感がします。

シーズン2が始まって約一週間ほどでバンクが解禁され、サンムーンから始めた人は過去作から引き続きやってきた人たちとの差を感じたシーズンだったのではないかと思います。

今シーズンでもZ技にまだ慣れることができずあまり良い結果を残せたシーズンではありませんでしたがここに置いておきます。

 

f:id:MGrizaX:20170211165539g:image

リザードン 陽気 @リザードナイトX

努力値172-140-0-×-0-196

実数値175-168-131-×-105-159

フレアドライブ ドラゴンクロー

りゅうのまい     はねやすめ

 

まず相棒兼エースのメガ進化枠。

ORASの頃からずっと使ってきた相棒。

今作でも最強でした。やはり炎+ドラゴンの技範囲の広さは最高です。タイプもかっこいいですしね。

ステロ展開やメガボーマンダ、バンドリが多く活躍できる場は限られていましたが一度舞えば最強でした。

今作からメガ進化の仕様変更によるS関係のおかげで対面ルカリオにリザX読みインファイト押されると負けてしまうのが痛かったです。

パーティー単位でヒードランが重たいので地震もありですがこの型に慣れると他の型はもう使えないです。

意識した調整として例を挙げると

竜舞羽休めリザxはSを155にし準速ガブリアス+1にしている型をよく見ますが絶対に同速負けしたくなかったこと、陽気スカーフランドが多かったので最速ランド+2の159にしました。

Hは16n-1調整残りAです。

リザXはゴツメや反動で消耗していくと考えられがちですが火力のないポケモンはこの型のリザXの起点でしかありません。

 

 f:id:MGrizaX:20170210163643g:image

マンムー 意地っ張り@きあいのタスキ

 

努力値172-252-4-×0-82

実数値207-200-101-×-80-110

じしん               こおりのつぶて
がんせきふうじ ステルスロック

 

タスキマンムー

つららばりが欲しいと思う場面も少なくカプテテフが重いので岩石封じ+フレアドライブで倒せるため岩石封じで良かったです。というよりパーティー単位でリザードンウルガモスが重いため岩石封じは必須でした。

行動保証を確保したいサイクルも回したいステロも撒きたいという欲張りな型。

どのパーティーにもマンムーが刺さって見える病気にかかってます。

Hは16n-1調整

Aはマンダへのつぶてのダメージを妥協できないのでぶっぱ

Sは4振りFCロトム抜き抜き抜き

 

 f:id:MGrizaX:20170210163651g:image

ハッサム 意地っ張り @オッカのみ

努力値236-92-4-×-172-4

実数値175-178-121-×-122-86

 アイアンヘッド とんぼがえり

どくどく             はねやすめ

 

相棒その2兼この構築のクソ地雷枠。

ここまででカプ・テテフの通りが良すぎるため後出しからでも倒せるポケモンを…と考えましたがテテフを露骨に誘い、さらにテテフが有利だと思えるポケモンでテテフを倒せば良いのでは?」という考えにたどり着きました。

ハッサムの代名詞であるバレットパンチはサイコフィールドによりテテフには無効です。

さらにめざ炎をもったテテフもいるのでハッサムvsテテフは有利対面だと相手は勘違いをします。そこに刺さるのがアイアンヘッドでした。

この考えは的中しテテフに後出ししても引っ込めずサイコキネシス連打してくるテテフが非常に多かったです。

こいつの頭で何匹の守り神をしばいたか数知れません。またサイコキネシス+サイコキネシスはもちろんオッカの実を持たせていることでサイコキネシス+めざ炎も耐えられます。

火力アップ持ちのテテフ以外なら後出しからでもDダウン引かなければ勝てます。もし火力アップ持ちだとすれば裏のリザードンで倒せるので問題ありません。

またパーティー単位で重たいポリゴン2に勝てるようにダウンロード対策のB<D調整をし毒毒羽休めを採用していますがポリ2そこまで見ないので毒毒を抜いてバレパンに変えていいかもしれない枠の一つではあります。

 

 f:id:MGrizaX:20170210163658g:image

サンダー 控えめ @こだわりスカーフ

努力値76-×-0-204-0-228

実数値175-×-145-188-152-149

10まんボルト   めざめるパワー

ねっぷう           ボルトチェンジ

 

相棒その3兼地雷(?)枠。

ORASの頃から愛用してきたスカーフサンダー

こいつの最大の強みは「読まれにくい」ことだったのですが今ではすっかりスカーフサンダーだらけですね。というかサンダーが少ない。

役割対象であったゲッコウガもスカーフ持ちだったりコケコもスカーフだったり霊獣ボルトが激増するなど動きづらさはありますが、相変わらずボルチェンからの10万などでメガゲンガーにも強くでられますし火力もあるのでめざ氷打てばマンダやガブにも強いのでまだまだ強いです。

ただこだわりめざパは起点になりやすいので注意が必要です。

Hは16n-1調整

Sは最速デンジュモク+1

余りC

 

 f:id:MGrizaX:20170210163704g:image

フシギバナ 控えめ @フシギバナイト

努力値204-×-0-132-28-144

実数値181-×-143-174-144-118

ギガドレイン ヘドロばくだん

じしん            こうごうせい

 

リザードンと共にORASから愛用し続けてきたメガ枠。

ほんとメガフシギバナ増えましたよね。ORASから愛用してた身としては少し複雑な気持ちです。

リザードンで重たい地面タイプや岩タイプがいてリザードンが通せない時に出します。

またパーティー単位で重たいヒードランを誘って地震で倒すこともあります。確定では落ちないのですが最近のヒードランはSに振ってない型をよく見るので交代読み地震+地震で倒せたりしました。(※眼鏡とZでなければオバヒ確定耐えします。)

またこのポケモンは処理方法が限られているので相手の選出が読みやすくなることも強みの一つであると考えます。例)メガマンダやメガリザードンカプ・テテフヒードランはほぼ確実に出てきます。

Sは大体の瞑想スイクンやFCロトム抜き

ダウンロード対策のB>D調整

余りH、Cに振り分け

ORASから調整変えてない+忘れてしまったので調整見直す必要があります。

 

 f:id:MGrizaX:20170210163712g:image

ヤドラン 図太い @ゴツゴツメット

努力値244-×-252-0-0-12

実数値201-×-178-120-100-52

ねっとう  れいとうビーム

あくび      なまける

 

ここまでで非常に重たいメガルカリオバシャーモヒードランパルシェンメガボーマンダを一任されたポケモン

実はサンムーンで初使用のポケモン

最初はこの枠をフェアリーZマリルリで使っていたのですがエスパー技の一貫(主にテテフ)メガボーマンダが重すぎることメガルカリオが重すぎることから採用しました。(ウルガモスリザードンが重くなりましたがステロ+他のポケモンたちで全力で起点を作らせない立ち回りをします。

持ち物は氷Zにしようか悩みましたがゴツメで安定でした。起点回避のあくびも強いですが瞑想やサイコキネシス、草結びに変えるのも面白そうです。

Hは奇数にするため244

Bぶっぱ

余りS

 

基本選出

1リザハッサムサンダー

2リザマンムーハッサム

3バナマンムーサンダー

 

〜最後に〜

Z技が抜けた構築です。

Z技は非常に強力であるためパーティーに入れてないだけでハンデを背負って戦うようなものです。メガ進化枠を入れないのも同じです。

はやくパーティーにZ技を入れて使いこなせるよう頑張っていきたいです。

長い文章をここまで読んでくださりありがとうございました。

宜しければ@MGrizaXの方フォローしていただけると嬉しいです。

シーズン3では2100乗れるよう頑張りたいです。では。